ラーメン部(2019.10.02)

 

お江戸出張の夜。。。

羽根を伸ばし、早めの時間からちょっと一杯🍺

まー、これもいいでしょ♪

 

そんな時。。。

ラーメン部やってしもうたぁwww

 

ホテルへの帰り際ついつい寄ってしもうた。。。

まぁ、すごい行列だったらあきらめるつもりだったけど、店外数名の待ちのみ。

ただ、並んだあと数人で、スープ終了の案内がヮ(゚д゚)ォ!

まえに、フラれたことがあったので、その反動かな♡

 

店外の券売機でチケットを購入し、鴨らーめんをオーダー♪

ほどなく丼ドンw

 

前回と同じ感想だけど。。。

スッキリとした醤油ラーメン。。。

シンプルだけどウマウマ (゚д゚)メチャウマ

細麺っぽい全粒粉のストレート麺は、スープといい相性♪

最高の一杯です☆彡

 

そして思ったけど、ラーメンというよりは鴨南蛮に近い?

とっても美味しくいただきました( ゚v^ ) ゴチソウサマンサ

 

映画部(2018.11.07)

 

昨日(日本時間)はアメリカ合衆国の中間選挙の日(Midterm election)

 

 

こんな日に、観に行く映画はただ一つ🎥

華氏119(Fahrenheit 119)

監督:マイケル・ムーア

 

ドナルド・トランプ大統領をヒトラーに見立てた過激な演出。

しかし、監督はトランプ=ヒトラーではなく。。。

『善意を持った良き人たちに、ファシズムが根付いてしまうことに、舌を巻いていました』(朝日新聞より)と語る。

反トランプの視点から描いた映画です。

間違いなく、トランプ支持者からの見方は違うでしょう。

また、民主党も古い主導者たちが、道を譲らなければならないと訴えています。

 

面白い作品でしたが、もっとアメリカの現実を知っていなければ、本当の意味にたどり着けないかもしれません。

ワタクシの勉強不足を感じた作品でした。。。

それとともに、反トランプ陣営という状況も、『分断』を描いているのではないでしょうか。

珍しく、ちょっと真面目な感想でした\(^o^)/

 

映画部(2017.10.24)

 

映画部の時間だよ (`ω´)グフフ

 

『バリー・シール/アメリカをはめた男』(American Made)

 

トム・クルーズ主演の最新作🎥

麻薬、密輸、革命と重いテーマを扱いながら、コメディタッチに描いた軽快な作品。

しかし正直な感想。。。

アメリカって国、ぶっ飛んでるwww

 

DEA、CIA、ホワイトハウスが共謀して、仕事させるんだからねwww

そして『こんな上手く話が行くかよ』っていう思いも、実話という事でビックリ Σ( ̄□ ̄|||)

そして、高校時代のニュースでよくみた、「イラン・コントラ事件」の真相がわかってちょっとうれしいwww

ノース中佐も懐かしい(^^♪

 

原題の『American Made』っていうのも、観おわった後にナットク☆彡

しかしまぁこの実話に、ビル・クリントン、ジョージ・H・W・ブッシュ、ロナルド・レーガン元大統領ら3人が絡んでいるとはねぇ。

森友・加計問題で揺れてるどこかの国とは、スケールが違うわwww

 

納得ですわ( ´ω`)フム

 

ここ数日の報道で、納得できたこと。。。

2016アメリカ大統領選挙の候補者って。。。
2016vote

22人もいたんだねΣ(゚д゚lll)

 

 

これでさ、トム・クランシー(Tom Clancy)の本で、ジャック・ライアン(Jack Ryan)が大統領になれたわけが分かったわwww
米露開戦1トムクランシージャックライアン

ほかにも立候補できるんだよね((φ(・д・。)ホォホォ

 

いやー、納得納得σ(-ω-*)フム