映画部(2017.10.24)

 

映画部の時間だよ (`ω´)グフフ

 

『バリー・シール/アメリカをはめた男』(American Made)

 

トム・クルーズ主演の最新作🎥

麻薬、密輸、革命と重いテーマを扱いながら、コメディタッチに描いた軽快な作品。

しかし正直な感想。。。

アメリカって国、ぶっ飛んでるwww

 

DEA、CIA、ホワイトハウスが共謀して、仕事させるんだからねwww

そして『こんな上手く話が行くかよ』っていう思いも、実話という事でビックリ Σ( ̄□ ̄|||)

そして、高校時代のニュースでよくみた、「イラン・コントラ事件」の真相がわかってちょっとうれしいwww

ノース中佐も懐かしい(^^♪

 

原題の『American Made』っていうのも、観おわった後にナットク☆彡

しかしまぁこの実話に、ビル・クリントン、ジョージ・H・W・ブッシュ、ロナルド・レーガン元大統領ら3人が絡んでいるとはねぇ。

森友・加計問題で揺れてるどこかの国とは、スケールが違うわwww

 

映画部(2017.10.24)」への2件のコメント

  1. イラン・コントラ事件初耳で検索して読んで来ました、人間関係無茶苦茶ややこしい!!
    敵とか味方とか、もうグチャグチャで、結局、金持ちは自分のお金儲けの為、思想家は思想実現の為、何でもありという感じですね。それに翻弄される一般人(私たち含む)のなんと気の毒な事よ・・と思います。
    トムクルーズはカッコイイので、映画はちょっと観て見たい~:D

    • >Nasukoさん
      ややこしいですよねぇ~
      道理で高校時代理解できなかったわけだwww

      国際関係が好きなNasukoさんには、おススメの作品です\(^o^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中