お別れ

ひとたび人間として生を受けたならば 必ず死とは訪れるもの

うちのお寺に幼少の頃に入られ、4代の住職 80年近くにわたり

仕えてきて下さった方が亡くなりました。

先代の父は忙しく、普段の法務はその方に付き、教えを頂いたようなものです。

お参りの車中、僧侶としての心構えを説いて下さりもしました。

精一杯、送らせていただきます。

合掌